「七合食」5日目です。・・・やっと半分。

こんばんは!

本日と明日ははっぴーとす⇒

定休日です。申し訳ございません。

本日が「七合食」5日目でした。

やっと半分まで到達です。
 

~下記は七合食のサイトより~

「七号食で期待できる効果」

痩せる、便秘解消、美肌、肩こり解消、むくみ解消、不眠症改善・・・

痩せる、便秘が解消される、肌が綺麗になる白くなる、は最も多い結果です。
その他は、人それぞれで、不眠症改善、肩こり解消、むくみ解消、頭がすっきりする、血圧が下がる、などが次に多い結果です。
病院に行くほどのことでもないし、行っても治らない、というような何かしらの不調を現代はみな感じています。
これを不定愁訴(ふていしゅうそ)と言ったり、東洋医学では未病(みびょう)と言います。
1億総半病人とも言われていますね。
こういったそれぞれの人が持つ様々な不調が改善されることが多いのです。


「なぜこんなにも良い結果が出るのか」

「玄米ってそんなにすごいんだー」
「私も僕も玄米食べよーかなー」
と思うかもしれません。

しかし、もちろん玄米は素晴らしいけど、最たる要因は玄米ではないのです。実は、“余計なものを食べない”ことが大きな効果を生むのです。

本質的に必要なもの(玄米ごはん)以外の、余計なもの(快楽食)を身体に入れないことが大きいのです。

例えば、肉類、甘い物、お菓子、コーヒー、お酒、飴、ガム・・・
この辺りは“快楽食”の王様です。

これらは味覚や精神に直接的な快楽を与えますので、それを何度も何度も味わいたいという常習性が生まれて中毒のようになります。さらにこれらを消化・代謝するには、各臓器に大きな負担がかかり、消化・代謝するために、ビタミン、ミネラル、食物繊維、酵素が沢山使われるのです。

快楽食が身体に入ってこないということは、臓器は休まるし、各栄養素も無駄使いされない。すると、身体は身体全体を良くする働きに十分な力を発揮できるのです。加えて、玄米ごはんという悪いものを出して良いものを作る力も加わり効果が絶大なのです。

良い物を食べる効果は 30%
余計な物を食べない効果は 70%
と考えて下さい。

健康になるには、何かを付加するのではなく、如何に余計な物を削ぎ落とすかなのです。
 


d0252582_23263358.jpg
 

本日もテンション上げるために・・・

「愛でる」ちゃんでお食事です。
 

今日の変化は昨日からの足の軽さはそのままです。

体重の変化は今朝、初日から2㎏の減少だったのが

夜は2.3㎏の減少でした。

体重って増える時はすぐに増えるのに

減らす時は苦労する割りには減らないんですよね。

ダイエットを途中で断念してしまうのは

そこを乗り越えられるかが分かれ道ですね。

5日間で2.3㎏・・・すごい事です。

「七合食」・・・いい感じです。

昨日、計算違いをしていました。

本日で15/30食が終わりました。やった~~~!!!

[PR]
by hanahanaboo | 2012-08-21 23:36 | 七号食