「7号食」7日目です。あと・・・少し。

こんばんは!

本日も残暑厳しかったですね。

でも・・・朝、部屋の窓を開けると

とっても涼しい「いい風」が通ります。

着実に空きが近づいて来ているんだろうなぁ~~~と

思うには・・・日中が暑すぎます。(笑)

水分をたくさん補給した方が良いですね。


d0252582_22354820.jpg
 

≪お詫び≫ 

私、ななごうしょくの字の変換をずっと間違えて来ていたようです。

「7合食」ではなくて

正確には「7号食」でした。

訂正してお詫び申し上げます。(気づくのが遅すぎ!!!)

ごめんなさい。


「7号食」ついにあと3日になる7日目が終了致しました。

残りも3日となると・・・嬉しい~~~。

よくやった・・・わ・た・し(笑)って感じです。

靴を購入する時は夕方ではない方がいい・・・と言われるくらいに

夕方は足が・・・むくみますよね?

ずっと避けられないと言う事だと思っていましたが

今回「七号食」を実践したら

解消出来る事だったんだと・・・感激しています。

夕方になっても足がむくまないから

靴がゆるゆると・・・と言うより朝と同じ状態が保たれています。

嬉しい事です。

体重は初日より2.8㎏減少です。(本日の夜の計測です。)

昨日より0.3㎏減少です。(ちっちゃくガッツポーズ)

21/30食が終了です。



下記は「七号食」のHPより転用です。


「七号食の本当の目的」

七号食をするとほとんどの人が3キロ〜5キロくらい痩せます。肌も綺麗になります。
それに魅力を感じて始める人はたくさんいます。

ただ、七号食はダイエット法ではないし、目的は痩せることでもありません。

確かに痩身や美肌は結果的に起きる現象です。
でも、ダイエットが目的であれば、「基本食」をしっかりと中心にした食生活にすれば十分です。

では、「本当の目的」は何かと言うと、「“食”の重要性を体感し、食・健康を見つめ直し、ライフスタイルをチェンジすること」にあるのです。

つまり、「身体の変化」は“実感”のための大きな“証拠”であり、それによって「心の変化」が起きるのです。
普段、食や健康について何も考えずに好きな物を好きなだけ食べ、身体の状態を体感したりすることがない現代。

七号食をすることは、食や健康についていろいろと考え、自分の身体と対話する最良の機会なのです。

お腹がすく、食べたいものが食べられない、お酒が呑みたい、甘い物が食べたい、いろんな思いが駆け巡ります。こんなことをする意味がどこにあるんだ、我慢は逆に健康を害する、ふらふらするから栄養が足りてないんだ、と止めるための理由もどんどん浮かんできます。

我々の精神はいかに食べ物に影響を受けているかを体感するでしょう。
ただ、これを乗り越えたとき、食べ物に支配されていた精神、食べ物に支配されていた健康、これらを自らの意思でコントロールすることができるようになり、食と健康に関する「自由」が手に入ります。

つまり、体重、体型のコントロールは自由自在、少しの不調は自ら感じ取れるようになり、その原因も、病気になる前に改善する方法も、全て自分で理解し、コントロールできるようになるのです。

それが七号食をする本当の目的なのです。

よって、七号食終了後、食生活が変わらなければ「成功」とは言えないのです!

そして、もう一つ派生して生まれる良い効果があります。それは、「周りへ良い影響を与える」ということです。
“十日間玄米ごはんだけで過ごす”という特殊な食生活をすることで、家族、友達、会社の人はびっくりして内容を聞きたがります。

もちろん、最初は「まゆつば」だと意に介さないのですが、十日後、3〜5キロ痩せて、肌は綺麗で健康になった“証拠”を見て、「詳しく教えて教えて!」となるのです。

七号食は自分が健康になるのに加え、「周りの人」も健康にする影響力を持っているのです。
 

このホームページに記載されている内容からすると

「7号食」による10日間が終了後の食生活が変わらなければ

「成功」とは言えないそうですが・・・

むずかしいな~~~。なんて今から考えちゃいます。

折角の10日間の実践が・・・

水の泡にになりそうな・・・私の「その後」を想像出来ちゃいます。

どうか…成功の道になります様に・・・願うのみです。

[PR]
by hanahanaboo | 2012-08-23 23:03 | 七号食